四国中央の社長様と事業主様の、法律が関わるお悩みをなんでも相談できる場所。
それが「司法書士法人やまびこ」です。
  1. 労働問題

労働問題

労働問題でお困りの方へ

労働問題

当事務所には、以下の様な、不当解雇や未払い問題など、いわゆる労働問題に関してのご相談をよくいただきます。

  • 「会社から一方的に解雇されました。これは正当な解雇なのでしょうか?」
  • 「懲戒解雇を言い渡されました。これは不当ではないでしょうか?」
  • 「会社から残業代を支払えてもらっていない。今から請求できないのでしょうか?」

本来、労働者の方は、労働基準法等の法律や裁判所の判例によって、その権利が強く保障されています。

しかし、実際には、会社から不当な扱いを受けて、深刻な状況に追い込まれてしまう方が後を絶ちません。

 

私たちは、このような労働問題に苦しむ方々を少しでも減らす為に、ご相談を承っております。

 

 

不当解雇をされてしまいお悩みの方へ

  • 「会社から一方的に解雇されました。これは正当な解雇なのでしょうか?」
  • 「懲戒解雇を言い渡されました。これは不当ではないでしょうか?」
  • 「会社の業績不振からリストラされてしまいました。どうすることもできないのでしょうか?」
  • 「いわゆる派遣切りにあいました。対処方法はありますか?」

当事務所にはこのように解雇に関するご相談が多くよせられています。

 

雇用契約は、労使間の合意で結ばれたものですから、正当な理由がないのに、一方の当事者である会社の都合だけで解雇することはできません。

 

皆様の置かれている状況に応じて、

  • 職場復帰を望める可能性がある
  • 勤務中の未払い残業代を請求できる可能性がある
  • 解雇予告手当だけでなく、損害賠償を請求できる可能性がある

というように、必ずしも会社側の要求を一方的に受け入れる必要はありません。

労働者にも守られるべき権利があります。

 

解雇問題に直面していてどうすればよいのかお困りの方は、労働問題解決に多くの実績がある当事務所にお気軽にご相談下さい。

 



未払い残業代があって困っている方へ

一般的な雇用形態の場合、使用者は、一日8時間を超えて働かせた場合には、通常の25%増し、法定休日に働かせた場合には35%増し以上の割増賃金を支払わなければなりません。

 

しかし、

「うちの会社は定時なんてあってないようなもの」

「営業手当を支払っているから」

「給与形態が年俸制だから」

といった理由から、本来支払われるべき残業代が払われていないというケースが多々見受けられます。

実はこういった理由は残業代とは関係ないことがほとんどです。

 

本来支払われるべきだった残業代は会社に請求することができます。

未払い残業代を請求できる可能性のある方は、お気軽に当事務所にご相談ください。



労働問題について詳しく知りたい方はこちら

自分の場合はどうなるんだろう?

少しでも疑問を感じたら、お気軽にご相談ください。

0800-200-7374 平日 8:30〜18:30(土曜対応可:要予約)

企業様・事業主様 無料法律相談